よくこだわりたいですよね

趣味のものを取り扱う商売をしている人は、何か大会などを行って、お客様を楽しませてあげたいですよね。
趣味は仕事ではないので収入に直結するものでもありませんし、公に認められることも少ない自己満足の世界です。
ですから、日ごろお世話になっているあなたがその趣味に価値を与えると言うのが自然だと私は思います。
他にも、共通の楽しみを持つ仲間内で競って一番を決めれば、より楽しくなりますし、スキルも上がっていくでしょう。
これらの事に対して、必須なものといえばトロフィーですね。
賞金を上げるとか、お店なら商品を上げるとかはもちろんですが、それらは消耗したり、使ってしまったらそれで終わりですよね。
仕事ではない世界なので何か形にして残してあげたいです。
ただ、商売をしている人でも集まって何かをしている人でも、トロフィーをどこで用意していいのかが分からない人が多いはずです。
私が利用しているのはスポーツショップです。
それが、ゴルフの専門店でも競技に対して専門にしていないショップでもOKです。
ほとんどの場合、カタログから選ぶことが出来て、好きなように字を入れてもらったり出来ます。
価格帯としては、カップが高価で、次にトロフィー、一番安いのはたてという感じですね。
ですから、トロフィーにカップの中間レベルくらいのお金をかければ、相当豪華なものが買えるので、優勝者に喜んでもらえるでしょう。
頑張りや努力を、形として残してあげるものなのですから、トロフィーにはよくこだわりたいですよね。
さらに、カタログで注文できることがほとんどなので、スポーツにあわせて上の飾りを変えることが出来ます。
バットでスイングしている人だったり、釣りをしている人だったりです。
趣味に合わせてここを変えられるのも楽しみの一つですね。
もちろん、羽だったり女神だったり、どういったジャンルの大会でも通用するものも存在しているので積極的にこういった部分にもこだわりたいものです。